WordPress カレンダー カスタマイズ(add_filter版)

公開日: : CSS, PHP, WordPress

WordPress カレンダー カスタマイズ

前回、「WordPress の PHP をちょっと見てみよう Ⅲ」でフックをやったので、カレンダーで試してみようと思います。

前記事で行った、「WordPress カレンダー カスタマイズ」は、/wp-includes/general-template.php の get_calendar() を直接変更してやっていました。

今回は、add_filter() を使うので、get_calendar() をいじらずにカレンダーをカスタマイズ出来るので、その方がいいかと思います。

カレンダーの表示の仕方

デフォルトでは表示していないカレンダーを表示するには、

ダッシュボード → 外観 → ウィジェットを選択

利用できるウィジェットの一覧から「カレンダー」ボタンを「サイドバー」の欄にドラッグアンドドロップします。

WordPress カレンダー 表示

add_filter() でカレンダーをカスタマイズ

今回はデフォルトのテーマ twentytwelve で見てみると、こんな感じです。
WordPress カレンダー カスタマイズ

テーマの function.php に add_filter() を使って、カレンダーの関数 get_calendar() をフックします。

テーマの function.php に以下を追加します。

add_filter('get_calendar', 'my_calendar');

function my_calendar($initial = true, $echo = true) {

	global $wpdb, $m, $monthnum, $year, $wp_locale, $posts;

	// week_begins = 0 stands for Sunday
	$week_begins = intval(get_option('start_of_week'));

	// Let's figure out when we are
	if ( !empty($monthnum) && !empty($year) ) {
		$thismonth = ''.zeroise(intval($monthnum), 2);
		$thisyear = ''.intval($year);
	} elseif ( !empty($w) ) {
		// We need to get the month from MySQL
		$thisyear = ''.intval(substr($m, 0, 4));
		$d = (($w - 1) * 7) + 6; //it seems MySQL's weeks disagree with PHP's
		$thismonth = $wpdb->get_var("SELECT DATE_FORMAT((DATE_ADD('{$thisyear}0101', INTERVAL $d DAY) ), '%m')");
	} elseif ( !empty($m) ) {
		$thisyear = ''.intval(substr($m, 0, 4));
		if ( strlen($m) < 6 )
				$thismonth = '01';
		else
				$thismonth = ''.zeroise(intval(substr($m, 4, 2)), 2);
	} else {
		$thisyear = gmdate('Y', current_time('timestamp'));
		$thismonth = gmdate('m', current_time('timestamp'));
	}

	$unixmonth = mktime(0, 0 , 0, $thismonth, 1, $thisyear);
	$last_day = date('t', $unixmonth);

	// Get the next and previous month and year with at least one post
	$previous = $wpdb->get_row("SELECT MONTH(post_date) AS month, YEAR(post_date) AS year
		FROM $wpdb->posts
		WHERE post_date < '$thisyear-$thismonth-01'
		AND post_type = 'post' AND post_status = 'publish'
			ORDER BY post_date DESC
			LIMIT 1");
	$next = $wpdb->get_row("SELECT MONTH(post_date) AS month, YEAR(post_date) AS year
		FROM $wpdb->posts
		WHERE post_date > '$thisyear-$thismonth-{$last_day} 23:59:59'
		AND post_type = 'post' AND post_status = 'publish'
			ORDER BY post_date ASC
			LIMIT 1");

	/* translators: Calendar caption: 1: month name, 2: 4-digit year */
	//$calendar_caption = _x('%1$s %2$s', 'calendar caption');
	$calendar_caption = '%2$s'.$thismonth;
	$calendar_output = '<table id="wp-calendar">
	<thead>
	<tr><th id="calendar-caption" colspan="7">' . sprintf($calendar_caption, $wp_locale->get_month($thismonth), date('Y', $unixmonth)) . '</th></tr>
	<tr>';

	$myweek = array();
	
	for ( $wdcount=0; $wdcount<=6; $wdcount++ ) {
		$myweek[] = $wp_locale->get_weekday(($wdcount+$week_begins)%7);
	}
	
	foreach ( $myweek as $wd ) {
		$day_name = (true == $initial) ? $wp_locale->get_weekday_initial($wd) : $wp_locale->get_weekday_abbrev($wd);
		if($day_name=='日')$day_name='Sun';
		if($day_name=='月')$day_name='Mon';
		if($day_name=='火')$day_name='Tue';
		if($day_name=='水')$day_name='Wed';
		if($day_name=='木')$day_name='Thu';
		if($day_name=='金')$day_name='Fri';
		if($day_name=='土')$day_name='Sat';
		$wd = esc_attr($wd);
		$calendar_output .= "\n\t\t<th scope=\"col\" title=\"$wd\">$day_name</th>";
	}

	$calendar_output .= '
	</tr>
	</thead>

	<tfoot>
	<tr>';
	//////////////////ここから変更した
	if( $previous || $next)$calendar_output2 = "\n\t".'<div id="wp-calendar-pn">';
	if ( $previous ) {
		$calendar_output2 .= "\n\t\t".'<a id="prev" href="' . get_month_link($previous->year, $previous->month) . '" title="' . esc_attr( sprintf(__('View posts for %1$s %2$s'), $wp_locale->get_month($previous->month), date('Y', mktime(0, 0 , 0, $previous->month, 1, $previous->year)))) . '">&laquo;</a>';
	} 

	if ( $next ) {
		$calendar_output2 .= "\n\t\t".'<a id="next" href="' . get_month_link($next->year, $next->month) . '" title="' . esc_attr( sprintf(__('View posts for %1$s %2$s'), $wp_locale->get_month($next->month), date('Y', mktime(0, 0 , 0, $next->month, 1, $next->year))) ) . '">&raquo;</a>';
	} 
	if( $previous || $next)$calendar_output2 .= "\n\t".'</div>'."\n";
	//////////////////ここまで変更した
	
	// Get days with posts
	$dayswithposts = $wpdb->get_results("SELECT DISTINCT DAYOFMONTH(post_date)
		FROM $wpdb->posts WHERE post_date >= '{$thisyear}-{$thismonth}-01 00:00:00'
		AND post_type = 'post' AND post_status = 'publish'
		AND post_date <= '{$thisyear}-{$thismonth}-{$last_day} 23:59:59'", ARRAY_N);
	if ( $dayswithposts ) {
		foreach ( (array) $dayswithposts as $daywith ) {
			$daywithpost[] = $daywith[0];
		}
	} else {
		$daywithpost = array();
	}

	if (strpos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'], 'MSIE') !== false || stripos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'], 'camino') !== false || stripos($_SERVER['HTTP_USER_AGENT'], 'safari') !== false)
		$ak_title_separator = "\n";
	else
		$ak_title_separator = ', ';

	$ak_titles_for_day = array();
	$ak_post_titles = $wpdb->get_results("SELECT ID, post_title, DAYOFMONTH(post_date) as dom "
		."FROM $wpdb->posts "
		."WHERE post_date >= '{$thisyear}-{$thismonth}-01 00:00:00' "
		."AND post_date <= '{$thisyear}-{$thismonth}-{$last_day} 23:59:59' "
		."AND post_type = 'post' AND post_status = 'publish'"
	);
	if ( $ak_post_titles ) {
		foreach ( (array) $ak_post_titles as $ak_post_title ) {

				/** This filter is documented in wp-includes/post-template.php */
				$post_title = esc_attr( apply_filters( 'the_title', $ak_post_title->post_title, $ak_post_title->ID ) );

				if ( empty($ak_titles_for_day['day_'.$ak_post_title->dom]) )
					$ak_titles_for_day['day_'.$ak_post_title->dom] = '';
				if ( empty($ak_titles_for_day["$ak_post_title->dom"]) ) // first one
					$ak_titles_for_day["$ak_post_title->dom"] = $post_title;
				else
					$ak_titles_for_day["$ak_post_title->dom"] .= $ak_title_separator . $post_title;
		}
	}

	// See how much we should pad in the beginning
	$pad = calendar_week_mod(date('w', $unixmonth)-$week_begins);
	/////ここから変更
	//if ( 0 != $pad )
		//$calendar_output .= "\n\t\t".'<td colspan="'. esc_attr($pad) .'" class="pad">&nbsp;</td>';
	if ( 0 != $pad ){
	for ( $i = 0; $i < $pad; $i++ )
		$calendar_output .= "\n\t\t".'<td class="pad">★</td>';
	}
	/////ここまで変更
	$daysinmonth = intval(date('t', $unixmonth));
	for ( $day = 1; $day <= $daysinmonth; ++$day ) {
		if ( isset($newrow) && $newrow )
			$calendar_output .= "\n\t</tr>\n\t<tr>\n\t\t";
		$newrow = false;

		if ( $day == gmdate('j', current_time('timestamp')) && $thismonth == gmdate('m', current_time('timestamp')) && $thisyear == gmdate('Y', current_time('timestamp')) )
			$calendar_output .= '<td id="today">';
		else
			$calendar_output .= '<td>';

		if ( in_array($day, $daywithpost) ) // any posts today?
				$calendar_output .= '<a href="' . get_day_link( $thisyear, $thismonth, $day ) . '" title="' . esc_attr( $ak_titles_for_day[ $day ] ) . "\">$day</a>";
		else
			$calendar_output .= $day;
		$calendar_output .= '</td>';

		if ( 6 == calendar_week_mod(date('w', mktime(0, 0 , 0, $thismonth, $day, $thisyear))-$week_begins) )
			$newrow = true;
	}

	$pad = 7 - calendar_week_mod(date('w', mktime(0, 0 , 0, $thismonth, $day, $thisyear))-$week_begins);
	
	/////ここから変更
	//if ( $pad != 0 && $pad != 7 )
		//$calendar_output .= "\n\t\t".'<td class="pad" colspan="'. esc_attr($pad) .'">&nbsp;</td>';
	if ( $pad != 0 && $pad != 7 ){
	for ( $i = 0; $i < $pad; $i++ )
		$calendar_output .= "\n\t\t".'<td class="pad">★</td>';
	}
	/////ここまで変更
	$calendar_output .= "\n\t</tr>\n\t</tbody>\n\t</table>";
	
	//ここで足す
	$calendar_output .= $calendar_output2;
	
	echo $calendar_output;
}

カレンダーの CSS のところは以下のように変更します。

/*-----------------------------------
カレンダー
------------------------------------*/
#wp-calendar {
    border-collapse: collapse;
    border-top-width: 1px;
    border-right-width: 1px;
    border-top-style: solid;
    border-right-style: solid;
    border-top-color: #999;
    border-right-color: #999;
    width: 250px;
}
#wp-calendar thead tr th {
    border-bottom-width: 1px;
    border-left-width: 1px;
    border-bottom-style: solid;
    border-left-style: solid;
    border-bottom-color: #999;
    border-left-color: #999;
}
#wp-calendar th {
    text-align: center;height:20px;
     padding-top: 5px; font-size: x-small;
}
#wp-calendar td {
    text-align: center;height:20px;
    padding-top: 5px;
    border-bottom-width: 1px;
    border-left-width: 1px;
    border-bottom-style: solid;
    border-left-style: solid;
    border-bottom-color: #999;
    border-left-color: #999;
}
#wp-calendar #calendar-caption {
    font-weight: bold;
    text-align: center;
    font-size: small;
}
#calendar_wrap a{text-decoration:none; color:#CCC;}
#wp-calendar #today {
    background-color: #CCC;
}
#wp-calendar #today a{
    color:#fff;
}
#calendar_wrap{
position:relative;
}
 
#wp-calendar-pn{
width: 250px;margin-left: 35px;
position:absolute;top:5px;left:0;
}
#prev{ float:left;
margin-left:20px;
}
#next{ float:right;margin-right:20px;}
#wp-calendar .pad{ color:#FFCCFF; font-size: x-small;}

表示はこんな感じで出来ました。
WordPress カレンダー カスタマイズ

細かいコードの説明は、前記事「WordPress カレンダー カスタマイズ」と同じなので省略します。

自分でカスタマイズしたい場合

このデザインではなく、自分でカスタマイズしたい場合は、テーマの function.php に get_calendar() の内容を my_calender() としてコピペすれば出来そうなのですが、エラーになるので、以下の部分の削除などが必要になります。

1390 ~ 1419 行あたりの以下の部分と、

$cache = array();
	$key = md5( $m . $monthnum . $year );
	if ( $cache = wp_cache_get( 'get_calendar', 'calendar' ) ) {
・・・・・(省略)・・・・・
	if ( isset($_GET['w']) )
		$w = ''.intval($_GET['w']);

1580 ~ 1595 行あたりの以下の部分を削除して、

$cache[ $key ] = $calendar_output;
	wp_cache_set( 'get_calendar', $cache, 'calendar' );
・・・・・(省略)・・・・・
	/** This filter is documented in wp-includes/general-template.php */
		return apply_filters( 'get_calendar', $calendar_output );
	}

以下を加えます。

echo $calendar_output;

そうすれば、function.php の中でカレンダーを好きなようにカスタマイズ出来るかと思います。

WordPress 土日にクラスを付けて色を変えたい

最後に、土日にクラスを付けて色を変えてみようと思います。

if ( $day == gmdate('j', current_time('timestamp')) && $thismonth == gmdate('m', current_time('timestamp')) && $thisyear == gmdate('Y', current_time('timestamp')) )
			$calendar_output .= '<td id="today">';

↓ の下に以下のコードを追加

else if(5 == calendar_week_mod(date('w', mktime(0, 0 , 0, $thismonth, $day, $thisyear))-$week_begins))$calendar_output .= '<td id="class-td">';
else if(6 == calendar_week_mod(date('w', mktime(0, 0 , 0, $thismonth, $day, $thisyear))-$week_begins))$calendar_output .= '<td id="class-td">';
foreach ( $myweek as $wd ) {
		$day_name = (true == $initial) ? $wp_locale->get_weekday_initial($wd) : $wp_locale->get_weekday_abbrev($wd);

↓ の下に以下のコードを追加

if($day_name=='日')$wday_class =' class="sun-td"';
if($day_name=='土')$wday_class =' class="sat-td"';

CSSに追加

#wp-calendar .sat-td{ background:#CCFFFF;}
#wp-calendar .sun-td{ background:#FFCCFF;}

表示はこのような感じで出来ました。
WordPress カレンダー カスタマイズ

関連記事

WordPress の PHP をちょっと見てみよう Ⅱ

WordPress の PHP をちょっと見てみよう Ⅱ

前記事の続きで、wp-settings.php の68行目あたりから見ていきます。 <今回のピ

記事を読む

WordPress レスポンシブ テンプレート

WordPress レスポンシブ テンプレートコーポレート用(シンプル・カスタマイズ用)ダウンロード

WordPress レスポンシブ テンプレートコーポレート用(シンプル・カスタマイズ用)ダウンロード

記事を読む

WordPress レスポンシブ テンプレート

WordPress レスポンシブ テンプレート の メニューやブログの設置

前回の 「WordPress レスポンシブ テンプレートコーポレート用(シンプル・カスタマイズ用)ダ

記事を読む

繰り返し背景を全面表示してアニメーションする

繰り返し背景を全面表示してアニメーションする

前回の「背景を SVG で全面表示し、パターン化をアニメーションさせる」がSVGの要素を全て対応して

記事を読む

WordPress の PHP をちょっと見てみよう Ⅲ

WordPress の PHP をちょっと見てみよう Ⅲ

前記事の続きで、wp-settings.php の91行目あたりから見ていきます。 次は、wp

記事を読む

Web フォント とは?

WEBフォントとは? 意図するフォントを表示する技術 Webブラウザは端末にインストールされ

記事を読む

WordPress カレンダー カスタマイズ

WordPress カレンダー カスタマイズ

WordPressでカレンダーの表示部分をいじってみようかと思います。 どうやら、カレンダー関

記事を読む

Wordpress 自作フォーム

WordPress 自作フォーム その1(サンプルと設置)

Wordpress でプラグインを使わずにフォームをやってみます。 簡単に名前、メールアドレス、メ

記事を読む

Javascript 写真ギャラリー サムネイルスライド横 レスポンシブ対応

Javascript 写真ギャラリー サムネイルスライド横 レスポンシブ対応

Javascript でマウスドラッグのテストをしていきます。 分かりやすいように、ボールを投げる

記事を読む

WordPress レスポンシブ テンプレート 元にサイトを作ってみる その1

「レスポンシブ テンプレート の メニューやブログの設置」の記事では、メニューやブログの設置例をやっ

記事を読む

CSS PHP WordPress

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Wordpress 独自テーブル 商品名と料金
WordPress 独自テーブル

Wordpress で独自テーブルを作ってみようと思います。 独

Wordpress 自作フォーム 2(注意点とエラー:This is somewhat embarrassing, isn’t it? など)
WordPress 自作フォーム その2(注意点とエラー:This is somewhat embarrassing, isn’t it? など)

前回(WordPress 自作フォーム 1)のつづきです。 今回は細

Wordpress 自作フォーム
WordPress 自作フォーム その1(サンプルと設置)

Wordpress でプラグインを使わずにフォームをやってみます。

Javascript 写真ギャラリー サムネイルスライド横 レスポンシブ対応
Javascript 写真ギャラリー サムネイルスライド横 レスポンシブ対応

Javascript でマウスドラッグのテストをしていきます。 分か

Three.jsで360°パノラマ画像を VR させる
Three.jsで360°パノラマ画像を VR させる

Three.jsで360°パノラマ画像を VR させる VRを作るの

→もっと見る

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ PHPへ にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
PAGE TOP ↑