Magento ver 1.9.0.1 をレンタルサーバのロリッポップにインストールしてみる

公開日: : magento

マジェント インストール

Magentoを使う機会があったので、ロリポップにインストールしてみました。
Magentoは日本語の資料が少ないので、やり方をメモしておきます。

Magento が使える環境かチェックする

サーバの構成参考:http://www.magentocommerce.com/system-requirements

今回試すのは、ロリポップのロリポプランです。
Magento が使えるかどうかチェックファイルをアップしてみます。

チェックファイルダウンロードページのmagento-check fileというリンクをクリックして、magento-check.php をダウンロードします。

magento 環境チェック

ダウンロードした magento-check.php を使用したいサーバにアップしてアクセスします。
以下のように「Congratulations!」となったのでOKのようです。
magento 環境チェック
OKでなければ、設定変更の内容が出るので、それに準じてサーバの設定を変更します。

Magento をダウンロードする

Magento のサイトでアカウントを作成する

Magento のサイトCreate an Accountページで、アカウントを作成します。

magento インストール

名前、メールアドレス、職種、役職を入力。
「User Name」では、ログイン時に表示される名前を入力し、
パスワードと確認パスワードを再度入力します。

「Subscribe to our Newsletter」は、ニュースレターを受け取る場合はチェックです。
「Security Updates – email notifications …」は、アップデートのお知らせを受け取る場合はチェックです。

入力が終わったら、【Submit】ボタンをクリックします。

Magento のデータをダウンロードする

アカウントを作成したら、agento ダウンロードページ で、Magento をダウンロードします。

magento インストール

「Full Release 」項目のプルダウンで、圧縮データファイルを選択して、【DOWN LOAD】ボタンを押します。
過去のバージョンをダウンロードしたい場合は「Release Archieve」タブ内にあります。

サンプルデータを入れたい場合

サンプルデータを取得したい場合は「Smple Data」項目からダウンロードします。
データを解凍すると、中にMySQL文が入っているので、インストールする前にそれをDBに入れます。
(PHPMyAdmin のMySQL文にコピペして実行すれば入ります。)

残りのフォルダーは、magentoをインストールしたフォルダーにアップロードします。

Magento のインストールで 500エラーになった場合

解凍したデータをインストールしたいディレクトリーにアップし、インストール画面にアクセスします。
http://ホームページアドレス/magento/

インストール画面が出ればいいですが、500エラーになりました。
その場合は、.htaccess 116行の
Options +FollowSymLinks
の部分を ↓
Options +SymLinksIfOwnerMatch
に変更します。

Magento のインストール

インストール画面が出たら、「I agree to…」にチェックを入れて、【Continue】ボタンをクリックします。
magento インストール

次は言語設定のページなので、Locale:「日本語」を選択します。
Time Zone:「Tokyo Standard Time(Asia/Tokyo)」
Default Currency(標準の通貨):「日本円」
選択し、【Continue】ボタンをクリックします。

magento インストール

データベースの設定ページです。
magento インストール

データベースの情報は、ロリポップにログインして確認します。
ロリポップユーザページ → WEBツール → データベース
ロリポップのデータベース情報

Databace Type:MySQL
Host:ロリポップサイトのサーバー項目
Databace Name:ロリポップサイトのデータベース名
User Name:ロリポップサイトのユーザー名
User Password:ロリポップサイトで設定したデータベースのパスワード
Tables Prefix:テーブルの接頭語になります。空白でもいいですが、入力した方が分かりやすいので設定した方がいいと思います。

Base URL:magentoをインストールしたURLを入力
Admin Path:管理画面へのパス。

例:magentoフォルダーにアップロードし、ここを admin にした場合
<管理画面のアドレス>
http://ホームページアドレス/magento/admin/

Enable Chars:グラフを有効にする場合はチェックを入れる
Skip Base URL Validation…:
ベースURLの検証処理をスキップする場合はチェックを入れる(ここはチェックを入れといた方がいいです。)

Use Web Server(Apache) Rewrites :ウェブサーバーリライト(Apache)を使用する場合はチェックを入れる
Use Secure URLs(SSL) :SSLを使用する場合はチェックを入れる

Save Session Data In:File System
セッションデータの保存先がデータベースかファイルシステムから選択できます。
今回はファイルシステムにします。

magento インストール

名前、メールアドレス、職種、役職を入力。
「User Name」では、ログイン時に表示される名前を入力し、
パスワードと確認パスワードを再度入力します。

【Continue】ボタンをクリックすると、完了画面で、暗号化キーが表示されますのでどこかにコピペしておきます。

magento インストール

インストールが完了しました。
【Go to Backend ボタン を押して、管理画面へ移動します。
(【Go to Frontend 】ボタン では、magentoのトップページへ移動します。)

magento 日本語エクステンションをインストールする

日本語マニュアル・エクステンション販売 l FLATz Magento Store のページから日本語エクステンションの無料ダウンロードボタンで、データをダウンロードします。

日本語エクステンションのインストールをするため、管理画面へ移動して、
設定した管理者アカウントのユーザー名とパスワードでログインします。

magento 日本語化エクステンション インストール

メニューの System > Magento Connect > Magento Connect Managerを選択し、Magento Connect Managerにログインします。

magento 日本語化エクステンション インストール

Settings タブを選択する
Deployment Type:をLocal Filesystemに設定して、Save Settingsボタンをクリックする。
Extensionタブを選択する
Direct package file upload で、ダウンロードしたエクステンションファイル(FLATz_Base-1.0.0.tgz)を設定し、Uploadボタンをクリックする

インストールが正常に終了すると下記の様な表示が出れば完了です。
magento 日本語化エクステンション インストール
ヘッダのReturn to Adminをクリックする。

日本語翻訳の有効化

Magentoの管理画面にログインする
magento 日本語化エクステンション インストール
メニューの System > Configurationを選択する。
GENERAL > General タブをクリックする。
Locale OptionsのLocaleを「Japanese(Japan)」に設定して、設定を保存をクリックする。
管理画面にログインし直すと、日本語がデフォルトで有効化されます。
magento 日本語化エクステンション インストール

画像が表示されない場合

無事にインストール完了したのですが、画像が表示されないエラーがありました。
mediaフォルダーの.htaccess が問題のようです。
とりあえず、削除すれば正常に動作しますが、何故だかはまだ分かりません。

関連記事

記事はありませんでした

magento

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wordpress タイトルの変更
WordPress タイトルの変更

テンプレートタグ the_title(); get_the_title

All-in-One WP Migration で サーバ移動
「All-in-One WP Migration」プラグインで 簡単に WordPress のサーバー移行する手順メモ

1.移行元サイトでのデータエクスポート 「All-in-One WP

DNSサーバーとは
ドメインとは?DNSサーバーとは?

ドメインとは? ドメインとは? ドメインとは、インターネット上のネ

javascriptで複数同じ名前のformの値を取得する
javascriptで複数同じ名前のformの値を取得するとエラー Cannot read property ‘value’ of undefined

Javascript で value の値を取得する このようなHT

リビジョンを削除し、テーブルを最適化してDBの容量を削減
WordPress リビジョンを削除し、テーブルを最適化してDBの容量を削減

WordPress リビジョン機能 リビジョンは過去の記事を保存して

→もっと見る

    • 202112
      Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
      12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031
    にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ PHPへ にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    PAGE TOP ↑