レンタルサーバでWordPressを設置してみよう!

公開日: : WordPress

WordPress.com 内に、ブラウザだけで無料でサイトを作成出来きるサービスもありますが、WordPressの魅力として、WordPress.org から誰でもソフトを無料でダウンロードして、簡単にサーバにインストール出来るというところです。

したがって、独自のドメイン内に簡単に設置出来るというところが最大の魅力と言えるでしょう。

レンタルサーバを借りて、WordPressを設置してみよう!

WordPressは内部は、プログラムはPHPで、データべースはMySQLと連動しているため、レンタルサーバを借りる場合には、プランに両方がついてるものを選んでください。

WordPress 3.8以降を動作させるために必要となるPHP及びMySQLのバージョンは以下のように記述されています。

  • PHP バージョン 5.2.4 以上
  • MySQL バージョン 5.0 以上

レンタルサーバの場合はあまり気にしなくていいと思います。

WordPress 初心者向け おすすめレンタルサーバ

おすすめレンタルサーバ

ロリポップとエックスサーバは、安くて、更にWordPressの自動インストールがついてるので、ボタン一つ押せば設置完了となります。

(さくらサーバなど自動インストールがついてなくても、ダウンロードしたデータをアップすれば、あとはブラウザから自動で設置完了出来ます。)

参考

今回は安さから、ロリポップのロリポプラン(月額250円(税抜)~、容量50GB)をレンタルしてみました。

WordPress テーマ(テンプレート)とログインについて

WordPressの設置が終わると、管理画面にログインして、
投稿・カスタマイズやいろいろな設定という手順に移ります。

WordPress 管理画面URL

(自動インストールの場合は、ユーザ名とパスワードは、
レンタルサーバと同じになっていると思います。)
http://(サイトのURL)/wordpress/wp-login.php

ドメイン直下にインストールした場合は以下
http://(サイトのURL)/wp-login.php

WordPress テーマのURL

テーマを編集する場合も、
管理画面 左メニューから【外観】→【テーマ】を開きます。

既に以下の3つのテーマが入っています。

  • Twenty Fourteen
  • Twenty Thirteen
  • Twenty Twelve

ステキなデザインのWordPressテーマのテンプレートはネット上に
無料のものもたくさんありますので、それを使えばいいと思います。

個人的に、 Sparkling というテンプレートがシンプルで好みだったので、
テーマに追加してみようと思います。

サイトのダウンロードボタンを押して、ダウンロードしたZIPデータを解答し、
以下のWordPress テーマのURLフォルダーにアップします。

http://(サイトのURL)/wordpress/wp-content/themes/

カスタマイズを重視した おすすめのテーマ

ある程度Webの知識があり、カスタマイズを重視するならば、
STINGER3GUSH という2つのテンプレートは、シンプルな構造で、
SEOにも良いらしいので、同様にアップしてみました。

管理画面から【外観】→【テーマ】を開くと、以下のようにテーマが追加されていました。

WordPressテーマ

それぞれの【有効化】のボタンを押せば、すぐにテーマが反映されますので、
いろんなテーマを試すことが出来ます。

素材

アイキャッチ画像を作るのにWordPress ロゴをトレースをしましたので、
よかったらどうぞ。
フリー素材

公式なものはこちら Logos and Graphics

関連記事

WordPress カレンダー カスタマイズ

WordPress カレンダー カスタマイズ(add_filter版)

前回、「WordPress の PHP をちょっと見てみよう Ⅲ」でフックをやったので、カレンダーで

記事を読む

WordPress の PHP をちょっと見てみよう Ⅱ

WordPress の PHP をちょっと見てみよう Ⅱ

前記事の続きで、wp-settings.php の68行目あたりから見ていきます。 <今回のピ

記事を読む

WordPress Twenty Seventeen function.php

WordPress twentyseventeen の function.php を見る – その2

前回の続きです。 次のスターターコンテンツは、今回のシンプルテンプレートには不要ですが、よくわ

記事を読む

WordPress レスポンシブ テンプレート 元にサイトを作ってみる その1

「レスポンシブ テンプレート の メニューやブログの設置」の記事では、メニューやブログの設置例をやっ

記事を読む

WordPress の PHP をちょっと見てみよう Ⅲ

WordPress の PHP をちょっと見てみよう Ⅲ

前記事の続きで、wp-settings.php の91行目あたりから見ていきます。 次は、wp

記事を読む

WordPress Twenty Seventeen function.php

WordPress twentyseventeen の function.php を見る – その1

WordPress の最低限の機能だけのシンプルなテンプレートが欲しかったので、作っておくことにしま

記事を読む

WordPress プラグイン「 Search Everything 」

WordPressでカテゴリー名も検索にひっかけるプラグイン「Search Everything」

WordPressでカテゴリーも検索にひっかけるプラグイン「Search Everything 8.

記事を読む

Wordpress 独自テーブル 商品名と料金

WordPress 独自テーブル

Wordpress で独自テーブルを作ってみようと思います。 独自テーブルのデータ 今回のデ

記事を読む

WordPress レスポンシブ テンプレート 元にサイトを作ってみる その2

DEMO を見る カスタム投稿タイプ functions.php 今回は3つのリストメニュ

記事を読む

WordPress レスポンシブ テンプレート

WordPress レスポンシブ テンプレート の メニューやブログの設置

前回の 「WordPress レスポンシブ テンプレートコーポレート用(シンプル・カスタマイズ用)ダ

記事を読む

WordPress

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WEBページをアプリっぽくする(サービスワーカーでホーム画面に追加)
WEBページをアプリっぽくする(サービスワーカーでホーム画面に追加)

前回作ったお絵かきページを、簡単にアプリっぽくしようと思います。 具

canvas タグでお絵描き(レスポンシブ)
canvas タグでお絵描き(レスポンシブ)

簡単なメモ張みたいなものが欲しいので作ってみました。 canvas

フルスクリーンを CSS だけで、vw, vh, vmin, vmax を試してみる(スクロールバーも消したい)
フルスクリーンを CSS だけで、vw, vh, vmin, vmax を試してみる(スクロールバーも消したい)

ビューポートの単位 vw, vh, vmin, vmax CSS で

WordPress Twenty Seventeen function.php
WordPress twentyseventeen の function.php を見る – その2

前回の続きです。 次のスターターコンテンツは、今回のシンプルテン

WordPress Twenty Seventeen function.php
WordPress twentyseventeen の function.php を見る – その1

WordPress の最低限の機能だけのシンプルなテンプレートが欲しか

→もっと見る

    • 201902
      Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
      123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728
    にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ PHPへ にほんブログ村 IT技術ブログ WordPressへ
    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking
    PAGE TOP ↑